サービス

遺言書作成

遺言の種類

遺言には普通方式の遺言と特別方式の遺言があります。主には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」です。

自筆証書遺言

ご自身だけで遺言書を作成することができます。財産目録以外は全文を自筆することが条件であり、日付・署名・押印も必要です。証人の必要はなく費用もかかりませんが、偽造・変造・滅失のおそれがあります。相続発生時には家庭裁判所の検認が必要です。ただし、法務局への保管制度を利用する場合には、偽造・変造・滅失のおそれもなく検認も必要ありません。費用が3900円かかります。

公正証書遺言

公証人が作成します。2人以上の証人の立会いのもと遺言者が遺言の趣旨を口述し、公証人が筆記します。遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させます。遺言者及び証人が筆記の正確なことは承認後、各自署名押印し、公証人が方式に従って作成された旨を付記して署名押印します。費用はかかりますが、偽造・変造・滅失おそれがなく、原本は公証人役場で保管してくれます。家庭裁判所による検認の必要もありません。

料金

業務内容 料金 備考
相談(30分毎) 5,000円 業務依頼時は無料
自筆証書遺言添削プラン 20,000円
自筆証書遺言作成プラン 80,000円
公正証書遺言作成プラン 150,000円 相続人3名を超える場合、1名につき10,000円
不動産2件を超える場合、1件につき20,000円
公正証書遺言立会人(1名につき) 15,000円
公証人調整 30,000円
遺言書保管 10,000円 引受時保管料 遺言執行受任の場合は無料
10,000円 2年目以降1年ごと保管料頂きます
遺言書執行 500,000円 相続財産評価額の1%加算
遺言書書き換え 100,000円
付言事項 相談料と同じ

※料金は税抜きの表示となります。
※公正証書遺言作成サポートプランは別途公証人手数料が別途かかります。
※実費は別途必要となります。

 

 

 

「遺言コンシェルジュ長谷川幸子の毎日ブログマラソン」はこちらhttps://blog.ameba.jp/ucs/top.do