相談事例
遺言事例

事例4.同居している長女に自宅を残したい。

横浜幸子さんは、長女の幸子さんと二人で暮しています。子どもは二人います。
夫は昨年亡くなりました。子どもは、他に次女の恵子さんがいます。
次女の恵子さんは、結婚して別の家に住んでいます。
横浜幸子さんは、自分が亡き後、長年同居していろいろと自分の面倒を看てくれた長女の
晴子さんに、自宅を残してあげたいと思い、遺言書を書くことにしました・・・。

チェック!
□ 不動産の記載は正確になされているか。
□ 相続人の遺留分に配慮されているか。
□ 不動産の評価の把握は正確か。
□ 遺言の実現を果たすために、遺言執行者の指定がされているか。

[略]

第一条 遺言者横浜幸子は、長女横須賀晴子(昭和○○年○月○日生)に後記不動産を相続させる。 
         

(土地の表示)
[略]
(建物の表示)
[略]

第二条 遺言者横浜幸子は、長女横須賀晴子(昭和○○年○月○日生)に後記預金を相続させる。
         

(銀行口座等の表示)
[略]

第三条 遺言者横浜幸子は、次女神奈川恵子(昭和○○年○月○日生)に後記預金を相続させる。
          

(銀行口座等の表示)
[略]

第四条 遺言者の次女神奈川恵子から遺留分減殺請求があったときは、まず第二条により長女横須賀晴子に相続させる財産から減殺するものと指定する。
第五条 遺言者は、本遺言の執行者として次の者を指定する。

[略]

「付言事項」
私が死んでも、晴子が長年住み続けた自宅に住み続けられるように自宅を晴子に残します。恵子には、預金を残しますので、遺留分の減殺請求はしないで、今までどおり晴子と姉妹仲良くしていって欲しいと思います。この私の思いを理解して、二人とも元気に生きていってください。

[略]